水素をサプリで取る最近のトレンド

水を飲まなくて良い!?水素をサプリで取る最近のトレンド

 

私達人間の身体は、活性酸素によってさまざな悪影響を受けているといっても過言ではありません。しかも、病の90%近くが、この悪玉の活性酸素が原因で起こっているとも言われています。そして、活性酸素は、知らぬうちに身体中に拡散し、少しずつ身体の組織や臓器を蝕んでいきます。

 

そんな悪しき活性酸素を除去する働きがあるのが水素水で、水素水のドリンクや水素サプリメントを体内に取り込むことで、人体に蔓延する活性酸素を撃退してくれます。

 

今人気の水素水は、流行り始めて以降長く支持を得ています。現在では、圧倒的な商品数を誇っていますが、水素サプリメントも水素水より4、5年遅れで発売されるようになり、最近では水素水のなかでもトレンドになっているほどです。

 

ここでは、水素サプリメントが人気の理由、及び注目される理由を考えてみましょう。

 

 

水素サプリメントは、体内で水素を発生

 

通常、水素は、元素のなかでももっとも軽く小さいことから、常温で気体として存在していても他の物質で保持しておくことが非常に困難な物質で、普通のペットボトル容器などに詰めても簡単に抜け出してしまいます。

 

そして、高濃度の水素水であっても、生成した直後から消費者の口に入るまでの間に水素が抜けてしまい、普通の水となって効果が感じられないということになりかねません。そのため、水素水の保存容器は非常に神経を使うこととなり、中身の水素水より容器に経費がかかってしまうことも珍しいことではないといえます。

 

その点、水素サプリメントは、基材に吸着させた水素が体内の水分と反応して少しずつ水素が発生するという仕組みなので、濃度を効率的に保ち長く体内で水素が発生します。飲んだ直後に一気に体内に入る水素水とは異なります。

 

そして、水素サプリメントの良さは、この効率的な濃度で活用できるということです。体内で効率的に活用できる濃度は、実は0.4ppm程度という研究結果があるように、水素水が高濃度であることよりも、効率的な濃度で体内に長時間水素水を発生させる水素サプリメントの方がより、水素水の効能を享受できるということになります。

 

また、水素を吸着させる水素サプリメントの基材は、商品によって異なりますが、体内で7〜8時間も水素を発生させ続けることのできるものもあり、そのような理由から水素サプリメントが今人気となっています。

 

 

水素サプリメントのメリットとデメリット

 

水素は、医療の現場でも活用されています。

 

冒頭で述べたように、水素の抗酸化作用は強力であるにも関わらず、身体の中に取り込んでも副作用がないという特長があります。従って、小さな子供からお年寄りまで、安心して飲むことが出来る訳ですが、さらに、他の薬やサプリメントと同時に服用してもほとんど影響がなく安心です。

 

しかし、水素水やドリンクなどで美容や健康に良いとされているものは、飲む事自体が辛いと感じる方も多く、一日の摂取量を毎日、きちんと飲み続けることは、かなりの努力と辛抱がいると言えるかもしれません。水素水は、飲み続けることで効果が出るものなので、途中で中断してしまってはお金と労力の無駄になります。この点は、少し辛抱を要すると言えるでしょう。

 

また、非常に微細な分子である水素水は、開封すると水素が抜けていくため、一回でアルミパウチ量200ml〜350mlを飲み干しても少量の水素しか摂取することが出来ません。そのため、高濃度の水素水を1日数回に分けて飲むことになりますが、毎日続けるとなると、負担を感じるという方も多いかもしれません。

 

 

この点、水素サプリメントは、一日の錠剤の摂取量が数錠であるため、手軽に気軽に無理せず続けられますので、もっとも大きなメリットといえます。

 

逆に水素サプリメントのデメリットは、水素水より1日当たりの費用がかかること、また、多くの商品の中には、微量な水素しか発生せずに効果が期待出来ないものもあり、注意が必要となる場合があります。

 

 

水素サプリメントは、こんな人にオススメ

 

水素サプリメントは、水素水を飲み続けることに負担を感じている人には特におススメで、手軽で便利な水素サプリメントは、水素水より飲みやすいことで、敷居が低いといえるでしょう。

 

 

まとめ

 

水素サプリメントを飲む際に気をつけたいこととして、水素の効果を期待できる商品には、さまざまな情報サイトや口コミでしっかりとデータなどが公表されています。

 

良質なサプリメントを見つけて、効率良く使い分けて飲むようにすることが大切です。