水素水生成器は、人数や利用環境等に合わせてベストチョイスを!

水素水生成器をベストチョイスする!

 

水素水生成器は、他のタイプに比べると高価になってしまいますが、自由に水素水を作って飲めるところが良いですね。

 

従って、
■中長期的に継続して水素水の摂取をお考えの方
■ご家族みんなで水素水の摂取を考えている
■会社の仲間で水素水をシェアしたい
■サービス業(ジム、ヨガスタジオ等)を営んでいるので、会員の方に提供したい
といった、ヘビーユーザー向けに適した商品と言えます。

 

 

 

水素水生成器というと、一般的なウォーターサーバーのようなイメージで、大量の水素水の入ったタンクを購入して、飲みたいときに飲みたい量を飲む、というイメージをお持ちかもしれませんが、全く違います。

 

水素は、時間の経過とともに気が抜けてしまうので、長時間の保管には適していません。
その為、一般的な水素水生成器では、水道水やミネラルウォーターを付属のタンクに注入し、電気分解方式等により水素水を生成させます。つまり、飲みたい時に水素水を作り、気が抜ける前に摂取します。

 

 

水素水生成器の購入には、レンタル方式と買取方式がありますが、ここでは買取方式の商品のみを紹介しています。

 

また、利用される人数や生活環境によって適切な水素水生成器が異なってきますので、ここでは比較ランキング方式による紹介ではなく、ベストチョイスができるよう、幾つかの特長をもった水素水生成器を紹介させて頂きます。

 

 

アキュエラ・ブルー

 

価格 306,720円(税込、送料無料)
溶存水素量 1回電解時(40秒)で、約1.0ppm。

飽和水素水(5分)モードで、約1.6ppm。

本体重量 約4.0Kg
生成能力 1.5L/分
その他 メーカー3年無料保証付き

(但し、ミライプラス経由の購入に限る)

 

 

据え置き型の水素水生成器です。
内蔵のタンクに水道水以外の水をいれて、スイッチを押すだけ。

 

☆出来るだけ早く飲みたい場合は、水素生成スイッチで40秒に約1.0ppmの水素水が、
☆濃い水素水を飲みたい場合は、飽和水素水モードで5分後に約1.6ppmの水素水
が生成できます。
水素の飽和量は、最大でも1.6ppmと言われていますが、アキュエラ・ブルーは、この飽和水素水を5分で生成できるのです。

 

このアキュエラ・ブルーは、カートリッジなどの消耗品がないので、ランイングコストは0円(電気代は除きます)。好きなだけ水素水が飲めるということになります。

 

今なら、安心のメーカー3年無料保証付き(但し、ミライプラス経由の購入に限る)です。

 

 

アキュエラ・ブルーの詳細およびご注文は、↓↓↓

>> アキュエラ・ブルー <<

 

オーロラプラス

 

価格 159,840円(税込、送料無料)
溶存水素量 0.715ppm(スイッチ1回、11分)

0.812ppm(スイッチ3回、33分)

本体重量 710g
容量 1.4L
その他 3年無料保証付き

(但し、ミライプラス経由の購入に限る)

 

水道水がそのまま水素水に!
オートクリーニンクシステムが搭載されているので、水質によってカルシウムが付着した場合は、ボタンを押すだけでクリーニングされます。
また、分解も簡単なので、ポット部分の洗浄も簡単・楽々。

 

ミライプラス限定の3年間無料保証付きです!

 

 

オーロラプラスの詳細およびご注文は、↓↓↓

>> オーロラプラス <<

 

 

 

ルルド

 

価格 159,840円(税込、送料無料)
溶存水素量 約1.2ppm(生成直後)

1.0ppm(12時間後)

重量 総重量1.6Kg

(但しピッチャーは、0.5Kg)

容量 1800cc
その他 メーカー保証は1年間。但し、ミライプラスによる、メーカーと同等の3年無料保証付き。

 

ルルドは、水素水+オゾン水生成器で、日本を含む世界10か国で10万台以上の販売実績を誇ります。水道水直接の水以外ならどんな水でも使用できます。

 

また、アルコールの7倍以上の殺菌力がある驚きの殺菌力をもったオゾン水も作れます。

 

ルルドのランニングコストは、9か月に1回のカートリッジ交換とコーヒーメーカーの1/10の電気代だけ(1L換算で約11円の低ランニングコストです。)

 

ミライプラス限定の、3年間の無料保証付きです。

 

 

ルルドの詳細およびご注文は、↓↓↓

>> ルルド <<

 

 

SOMA

 

価格 98,000円(税込、送料無料)
溶存水素量 スイッチ1回(7分)で、約0.35 ppm

スイッチ2回(14分)で、約0.52ppm
スイッチ3回(21分)で、約0.748ppm

本体重量 710g
容量 1.4L
その他 3年無料保証付き

(但し、ミライプラス経由の購入に限る)

 

水道水も使用できる水素水生成器です。
本体重量が710g、容量が1.4Lという、非常にコンパクトな水素水生成器です。

 

3年間の無料保証付き(但し、ミライプラス経由の購入に限る)です。

 

 

SOMAの詳細およびご注文は、↓↓↓

>> SOMA <<

 

 

Pocket(ポケット)

 

価格 54,000円(税込、送料無料)
溶存水素量 スイッチ1回(10分後)で、0.4ppm。

スイッチ2回(20分後)で、0.64ppm
スイッチ4回(40分後)で、0.75ppm

重量 200g
容量 350cc
その他 3年無料保証付き

(但し、ミライプラス経由の購入に限る)

 

いつでもどこにでも持ち運べる充電式の水素水ボトル、それがこのポケットです。
オフィスや旅先、あるいはスポーツシーンなど色々なところで、簡単に水素水が作れてしまいます。
1回の充電3時間で、40〜50回分の水素水が作れます。しかも維持費は、1回の充電に要する電気代2円のみと大変お得。

 

スイッチ2回の20分で高濃度の水素水が作れてしまいます。市販されている水素水と比較しても、大変経済的と言えるでしょう。
市販の清涼飲料水、ミネラルウォーター、浄水器の水が使用できます。

 

分解が簡単でオートクリーニング機能もついているので、お手入れも大変楽。

 

3年間の無料保証付き(但し、ミライプラス経由の購入に限る)です。

 

 

Pocketの詳細およびご注文は、↓↓↓

>> Pocket <<

 

 

水素水はこうやって作られていた!水素水生成器の種類とメカニズム

 

水素水は、私たちの体内において高い抗酸化作用を持っており、活性酸素を除去する働きがあります。現在、健康を促進する効果が高いと期待されており、大変注目を集めています。

 

具体的な期待されている効果として、体内に潜んでいる活性酸素の中でも、人体に悪影響を与える悪玉活性酸素だけを除去することで、老化現象の防止、新陳代謝の向上によるダイエット効果、高血圧の防止、アトピー・アレルギーの症状の抑制等が挙げられます。

 

このように、健康促進効果の高い水素水ですが、その生成方法によっていくつかの種類の水素水生成器があります。

 

 

水素水と水素の関係

そもそも水素水とは、水の中で水素原子が結合した水素分子を豊富に含んだ水のことを言います。この水素濃度が高ければ高いほど、水素がもたらす健康促進の効果が高くなります。そのため、より高い健康促進効果を得るためには、この水素濃度の高い水素水を生成することが、有効的な方法になります。

 

しかし、水素は容器に蓋をした状態で圧力をかければかけるほど、水中に溶解させることができますが、実際に水素水を飲む段階で蓋を開けた瞬間に、多くの水素は抜けていきます。これは通常の気圧の状態では、そもそもの水素の溶解度の限界値が決まっていることが原因になります。

 

通常、水素の溶解度は、水1mlに対して、水素は約1.57ppmになります。そのため、私たちが飲む段階では、これ以上の水素を詰め込んでも、余分な水素は抜けてしまうことになるのです。

 

 

電気で水を分解して水素イオンを生成

この水素水を生成する方法の一つとして、電気で水を分解させる水素水生成器を使用し、水素を生成する方法があります。
この方法は、水中に電極を設置し電気を流すと、その陰極側に水素水が発生する仕組みを利用して、水素水を生成します。なお、陽極側には、酸素水が発生します。

 

このタイプの水素水生成器は、基本的に据え置き型のサーバータイプになります。この据え置き型の水素水生成器は、単価としては高価なものとなり、また交換カートリッジが定期に必要になりますので、生成器本体の費用と併せて、維持管理費用も検討しておく必要があります。

 

このように水そのものを電気分解して生成された水素分子は、水の中に溶存していることが不安定な状態となっており、空中に触れるとすぐに水中から抜けていきます。そのため、携帯用のボトルで外出先でも水素水を飲むことは可能ですが、空気に触れると水素の抜けが早くなるため、水素濃度を維持することが難しくなります。そのため、通常は水素水生成器の設置場所で利用することになります。

 

このように、費用面や外出先での使用を考えると、据え置きタイプの水素水生成器は購入が難しくなりますが、今は携帯用の電気分解型の生成器が販売されています。単価も抑えられており、携帯型ということで、外出先にも持参できます。生成量は少なめですが、用途によっては大変使いやすいタイプと言えます。

 

 

化学反応で水素を発生

他に水素水を生成する方法として、金属マグネシウムと水の接触による化学反応を利用して、水素を生成する方法があります。

 

この方法は、ペットボトル等の容器にマグネシウムが入ったスティックを入れて、水を追加して使用します。スティックは、通常数ヵ月の使い捨てタイプとなり、適時に新しいスティックと交換します。

 

そのため、維持管理に関しては特に費用はかかりませんが、水素の発生を活発にするためには、1ヶ月に1〜2回程度マグネシウムの入ったスティックを酢又はクエン酸で洗浄して、金属の表面をきれいに保たせることが必要となります。

 

この生成方法はとても手軽で、また、単価も安価であるため、一般的に家庭ではよく使用されている方法ですが、水素の生成力はあまり高くなく、水素濃度を上げるために8時間以上置く、または、スティックを2本以上入れるという工夫が必要になります。

 

しかし、その反面、持ち運びできる容器でも、手軽に水素を生成することができますので、外出先でも使用することができます。その際に、使用する容器は、ペットボトルでは水素が抜けるスピードも速いので、アルミボトルの方が良いでしょう。なお、空気に水素水が触れると水素が抜けるという点は、電気分解方式と同様です。

 

 

まとめ

以上のように、健康促進に高い効果をもたらす水素水の生成方法はいくつかあります。水素濃度、費用、使用方法や状況に応じて、各水素水生成器を選ぶことが、大事となります。

 

また水素水には、健康促進効果の他にも美容に対する効果も期待できます。

 

具体的には、水素水の悪性活性化酸素の除去作用より紫外線や水道水、化学物質などにより発生する活性酸素から皮膚細胞を保護し、シワ・シミ・毛穴の黒ずみの予防や改善、また脂肪細胞の代謝効率を高める作用によるダイエット効果が期待できます。また身体に害をなす副作用もないことも特筆される点になります。

 

健康促進や美容効果を得るために、自分に合った水素水生成器を選んで、毎日水素水を取り入れる習慣が大事になことになります。